銀行キャッシングの審査傾向

社会人として生活をするにはお金がかかります。世帯を持てば尚更お金がかかり、時には毎月の給与だけでは足りなくなってしまうこともあります。その場合、銀行キャッシングを利用することが状況の打破に繋がります。しかし、銀行キャッシングと言ってもその種類は様々ありますので、より良い結果を望むのであればご自身の状況に最適な銀行キャッシングを選択することが大切です。 まず、最も信用して利用できるのはシティ銀行や地方銀行のキャッシングです。審査には時間がかかってしまいますが金利も安く個人の事情も考慮してもらいやすいため、返済についても相談をしやすい傾向にあります。 また、最も利用しやすいのは消費者金融系の銀行キャッシングです。審査に時間がかからない、審査に通りやすいという特徴を持っていて、学生や専業主婦であっても利用できるという親しみやすさも持ち合わせています。ただし金利が高めに設定されているのが唯一の難点です。 クレジットカードを有しているのであればカードのキャッシング機能を利用するのも1つの手段です。提供するのはいつも使っているカード会社ですので安心感もありますし、返済もいつもの口座ですので面倒臭い手続きはほとんどありません。特に銀行系のカードであればキャッシングすることで様々なメリットも体験できます。

融資を受けるための審査の内容

さて、銀行キャッシングを利用するにはいずれにしろ審査に通らなければなりません。それではその審査ではどんなことがされているのでしょうか。 まず理解しておきたいのは審査をするのは銀行ではなく保証人となる保証会社です。利用者が返済不能となった場合には保証会社が代わりに返済することになりますので、そうなると保証会社の損失となってしまいます。それを避けるためには慎重に審査するしかありません。 ですが消費者金融では審査が甘いと言われていて、実際に即日融資も行われています。このように消費者金融の審査が甘い理由としては、消費者金融の利益の多くが金利で賄われているからです。例えば銀行で同じ額借りて、銀行では金利が3%なのに対して消費者金融では12%というのも珍しくはありません。 また、やはり職業についても調査はされます。といっても会社でどのような仕事をしているかなどではなく、申込書に記載された会社に本当に所属しているのかどうかなどです。 そして1番肝心なのはクレジットヒストリーです。これまで借りたお金の返済で滞納がないか、短期間で何重もの借り入れがないかなど、その人がお金を借りても問題ないかどうかが調査されます。

厳しい審査に通るには

消費者金融では比較的融資を受けやすいということが言えますが、堅実な人ではやはり銀行からの融資が望ましいでしょう。そのためにはあまり品雑なクレジットヒストリーを作らないことが重要です。 それでは借り入れ履歴が全くなければかなり良く見えるのではないかと思われますが実はそうでもありません。借り入れ履歴が全くないというのは確かに社会的に見ても素晴らしいのかもしれません。しかし、調査する側としては調査する対象が何もないということに他なりません。この場合、初の借り入れということで50万円まで程度の少額融資なら可能かもしれませんが、数百万円という高額な融資は難しい傾向にあるようです。 クレジットヒストリーが何もない状態では逆効果ですが、それではどのようなクレジットヒストリーが望ましいのでしょうか。例えば1年の間に少額借り入れを1~2回程度してしっかりと返済すると良いかもしれません。何重もの借り入れにならないように注意が必要ですが、少額かつ滞りなく返済しているというデータはかなりの好印象になるのは間違いありません。短期間で数回行う場合にはある程度期間を空ける必要があるのも注意が必要です。間髪入れず借り入れを行えば、逆に無計画さのアピールになってしまいます。

融資を受けるための審査の内容

人それぞれ事情があるように、銀行キャッシングもそれぞれ相性があります。例えば仕事が忙しくて銀行の利用が難しいのであれば消費者金融を利用するしかありません。銀行キャッシングでは確かに消費者金融を利用すると銀行での審査が不利になる傾向があります。しかし、元々忙しい人が銀行を利用するのは難しいことですのでそれほど気にする必要はないのではないでしょうか。 また、安定した収入があるというのは必須条件です。例えば色々なアルバイトを転々としている人では銀行キャッシングの利用事態が厳しいものになります。逆に、安定している且つ高額収入であれば初回の利用であってもかなり有利になります。特に収入は返済に直結することですので重要視される傾向にあるようです。 他に借り入れがあるのであればできるだけ減らしておくのも効果的です。他社の借り入れ残高が大きいと、たとえ融資を受けられたとしても少額でしか融資してもらえないということも珍しくはありません。 中には申込書にウソの申告をする人もいますが、ご存知の通り調査がされればすぐにそれがウソだと分かってしまいます。この場合は銀行キャッシングでなくとも同じ所では申し込み自体受け付けてもらえなくなりますので絶対にしない方が良いでしょう。